7月1日氷室の日の「氷室万頭(氷室饅頭)」ご予約承り中!

越山甘清堂では、白・赤・緑の三色の酒万頭を氷室饅頭として販売し、毎年好評いただいておりますが、
2018年は6月25日に店頭販売開始予定です。
大和、エムザ、アピタ、本店、百番街、杜の里、近江町市場店でお求め下さい。

なお、ご予約注文はオンラインショップでも取り扱っております。
発送品に関しては、6月20日から29日発送のご指定いただけます。
オンラインショップの注文受付は6月27日で終了いたしますので、お早めにご注文ください。

氷室万頭(氷室饅頭)
7月1日は氷室の節句。金沢では無病息災を祈って氷室万頭が店頭に並びます。

石川の菓子として夏の風物詩といえる氷室まんじゅう。

金沢では藩政のころ、6月1日(現在7月1日)は徳川幕府に氷室の氷を献上する日と決められていました。

江戸まで無事に氷が届くようにと、供えられた氷室饅頭は、氷室の節句に大切なものの無事を祈り無病息災を祈って麦まんじゅうを食べる習慣として広がりました。

娘の嫁ぎ先へ、ちくわや炒り米を添えて届ける風習もあります。

はじまりは享保年間、五代藩主前田綱紀公の時、金沢の生菓子屋、道願屋彦兵衛の創案といわれています。

饅頭屋が生み出した百万石文化です。

氷室万頭(氷室饅頭)
氷室万頭のご注文につきまして

越山甘清堂の氷室万頭の詰め合わせは賞味期間の違いで、
発送可能な商品と店頭販売(受取り)の商品がございます。

氷室万頭のご注文
氷室万頭(氷室まんじゅう)
氷室万頭(店頭受取商品)のご注文
氷室万頭(店頭受取商品)のご注文 →

氷室万頭に関するご注意

・氷室万頭は、本来お買上げ日当日中にお召しあがりいただく商品です。
・酒まんの特徴で、翌日には外皮が固くなりますので、発送には適しません。
・発送にあたっては、エージレスパックにして発送日を含め2日間日持ちするようにいたします。これはカビ防止のためであり、外皮が固くなることに変わりはありません。
・受け取り主が固くなった場合の食べ方についてご存知かご確認をお願いいたします(商品には、食べ方について説明したしおりをお入れいたします)。

氷室まんじゅう氷室まんじゅう氷室饅頭