越山甘清堂は金沢の和菓子シーンを創造します。

2009年1月アーカイブ

風習 金澤 歳時
婚礼や出産などの慶びに華を添える和菓子。どのような時に、どんな和菓子が贈られるのか、金沢ならではの風習をご紹介します。   和菓子は、季節の行事や歳時と深い結びつきがあります。ここでは金沢の春夏秋冬の行事と和菓子の係りについて、ご紹介します。
     
風習   歳時
風習   歳時
     
婚礼出産賀寿の祝い葬礼  

店舗案内

店舗案内

本社・本店・工場
 金沢市武蔵町13−17 TEL076-221-0336
 営業時間/9:00〜18:00


大きな地図で見る

めいてつエムザ店
・金沢市武蔵町15−1めいてつエムザ 地下1階 TEL076-260-2271
 営業時間/10:00〜19:30
・めいてつ・エムザ1階 黒門小路 TEL076-260-2457


大きな地図で見る

近江町店
 金沢市青草町88
 営業時間/8:30〜17:00


大きな地図で見る

香林坊大和店
 金沢市香林坊1-1-1 香林坊大和地階1階
 営業時間/10:00〜19:00


大きな地図で見る

金沢百番街店
 金沢駅 金沢百番街 あんと内 TEL076-231-3703
 営業時間/8:30〜20:00


大きな地図で見る

杜の里店
 金沢市もりの里1丁目156 TEL076-221-0114
 営業時間/9:00〜18:30


大きな地図で見る

金澤兼六屋
 石川県金沢市兼六町2-3 TEL076-254-0160
 営業時間/9:00〜17:00


大きな地図で見る

アピタ金沢店
 金沢市中村町10-20 TEL076-241-3166
 営業時間/9:00〜20:00

 

地図
 
地図

婚礼

         
婚礼 タイトル      
  結納    
           
  加賀水引で仕立てた結納品を、嫁家側より納めます。仲人とともに両家が揃い、お祝いの菓子とともに縁を結びます。 加賀水引  
        加賀水引  
  矢印矢印矢印 祝い菓子 一升餅 寿煎餅  
      一升餅 寿煎餅  

   お道具入れ    
           
  お嫁入りの家財道具を結婚式に先立って運び込みます。この時、五色生菓子や赤飯等を、親戚や知人、ご近所にも贈り、一緒にお祝いします。 せいろ
蒸籠
(せいろ)

金沢では、道具入れの時に、蒸籠に五色生菓子を入れ、お嫁さんのお道具と一緒に運ぶ習わしがあります。

 
           
  矢印矢印矢印矢印矢印 祝い菓子 五色生菓子 赤飯  
    五色生菓子 赤飯  
         
  矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
矢印
 
五色生菓子 五色生菓子 五色生菓子
五色生菓子
金沢の婚礼といえば…五色生菓子(ごしきなまがし)
五色生菓子
五色生菓子 その由来は…
慶長6年、徳川二代将軍秀忠の娘・珠姫が前田家三代藩主利常侯に嫁入りしました。五色生菓子は、その祝い菓子として、本職の菓子屋・樫田吉蔵氏が創作しま した。五色とは、「日・月・山・海・里」の天地の恵みを表し、五色生菓子は、それらに対する畏敬の念が表現された菓子です。金沢では、今でも、婚礼に欠か せない祝い菓子のひとつとして、広く用いられています。
五色生菓子
五色生菓子
五色生菓子 五色生菓子 五色生菓子 五色生菓子 五色生菓子
五色生菓子
五色生菓子
…昔太陽を象り紅色円型
…白色丸形にして、黒胡麻は行く雁を表す。
…岩からなすとして黄金色に輝く岩を表す。(稲穂を表すとの説もあり)
…菱形にして、波の重なるを見るの意。
…羊羹にして、四角は田の面を象る。(現在は丸型)
五色生菓子
五色生菓子 五色生菓子 五色生菓子
 
         
  矢印
矢印
矢印
  花嫁のれん花嫁のれん

金沢では、挙式当日の朝に、白無垢姿の花嫁さんが
婿家の仏壇をお参りに行く「仏壇参り」という儀式が
広く根付いています。その時に、婿家では玄関に
「花嫁のれん」を飾り、お嫁さんを迎えます。

 
   結婚式    
             
  金沢の結婚式は、引出物が多いことで有名です。果物や料理に加えて、万頭(紅白万頭、五色生菓子)や赤飯、鶴亀などの引菓子が、彩を添えます。 結婚式  
             
  矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印矢印 祝い菓子 ・花嫁見物の紅白饅頭
・式菓子(例:薯蕷五色生菓子入鶴亀、紅白饅頭入鶴亀、寿二段折
(麗うるわし)、ほか)
 
     
   
菓子 うるわし 11
薯蕷五色生菓子
入鶴亀
寿二段折
(麗うるわし)
紅白饅頭入鶴亀
 
   
1234

上生、饅頭、赤飯、ケーキなど、組み合わせでお好きな3段をお選び頂けます。
 
 
 
   
   
愛
愛(和)
福々薯蕷万頭
福々薯蕷万頭

真ん中に栗餡が入った二重餡で金箔をちらした特製の薯蕷万頭です。
 
   
 
           
     
   お部屋見舞
菓子 菓子

菓子
五色生菓子
 
           
  結婚式の後、嫁家側から改めて、挨拶に行く習わし。この時に挨拶として、五色生菓子などを持参します。  
           
  矢印        
  菓子お里帰り  
           
  結婚後初めて、お嫁さんがお里に帰ることをいいます。  
           
  矢印        
  菓子ちょうはい帰り  
           
  お里帰りを終えて、嫁ぎ先へ帰ることをいいます。挨拶として五色生菓子を持参します。  
             

出産

         
出産 タイトル      
       
  スペース出産    
           
  出産1ヶ月前に、嫁の里より嫁ぎ先へ、安産祈願を込めて贈られます。元気な赤ちゃんが産まれるように、犬の日に行う習わしが一般的です。    
           
    祝い菓子 ころころ団子(餅)は、赤ちゃんがやけどをしないように、焼かないで、煮て食す習わしになっています。
ころころ団子
ころころ団子
 
  矢印        
  スペース七夜    
           
  退院後、両親を招き、ご馳走します。例:赤飯、万頭    
           
  矢印        
  スペース初産帰り    
           
  出産後、嫁家へ帰る時、五色生菓子、紅白の餅、万頭などを配ります。    
           
  矢印        
  スペース食い初め    
           
  生後百日目の祝いの膳に、赤飯、万頭を添えます。    
           
  矢印        
  スペース初誕生    
           
  生後1年目に子供の健康を祈って、おはぎ、赤飯などを配ります。(奇数の習わし)    
           
  矢印        
  スペース初節句    
           
  男の子は端午の節句、女の子は雛節句で、健康を祈ります。
※詳細は、「和菓子に見る金沢の歳時期」をご覧下さい。
   
           
    赤飯
赤飯
   
           
  ※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、また、その他の歳時についてなど、気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせは、こちらまで。    
 

お問い合わせ

 
[和菓子を通じてお付き合いをアドバイス]
  越山甘清堂には、日頃から歳時や風習に関するお問い合わせの電話が多くかかってきます。「こんな時には、どのような風習で行えばよいのでしょうか」、また 「どのようなお菓子を用意したらよいのでしょうか」などといった皆さんのさまざまな疑問にお答えしたく、このホームページを立ち上げました。
私たちは、和菓子を通じて、現代の風習やお付き合いなど、さまざまな面でお客様にアドバイスをしていけたらと考えています。このホームページをご覧に なって、疑問に感じた点、気づいたことなどがありましたら気軽にお問い合わせ下さい。また、商品購入ページに紹介されていない商品のご購入についてもお気軽にお問い合わせ下さい。
 
 
石川県金沢市武蔵町13-17
電話受付時間/9:00〜17:30
定休日/水曜
 
  電話/076(221)0336
FAX/076(221)0431
メール/webmaster@koshiyamakanseido.jp

金澤 春の歳時記

       

歳時記

春

●雛節句(3月3日・雛まつり)
女の子の元気を祈ります。嫁の里より嫁ぎ先へ、初節句にあわせて、菱餅、金花糖、あられ等を贈ります。金沢の金花糖は、桃の花や鯛、さざえ、竹の子などの型に、砂糖を流し込んで作る砂糖菓子で、祝いの席にふさわしく華やかな彩色が施してあります。

【珠姫手まりの説明】
うす紅色の上用饅頭に手まり麩を2個のせ、珠姫のかわいい姿を表しています。
 
   
金花糖
金花糖
菱餅
菱餅
 

 
  ●お彼岸
春分の日、またはその前後7日間に、先祖のお墓を参る行事。昔は、もち米を供えていたそうですが、今では、もち米を加工したおはぎをお供えするのが一般的です。
 
 
 
  ●入学
卒業や入学、就職など、人生の節目には、赤飯や紅白饅頭でお祝いをし、お世話になった親戚や知人に内祝いとして配ります。
福々薯蕷饅頭
福々薯蕷饅頭
 
イラスト
 
●端午の節句(5月5日・菖蒲の節句)
邪悪を取り除くと言われる菖蒲により、男の子の元気を祈ります。ちまき、柏餅でお祝いします。柏の木の古い葉は、新芽が育つまで枯れないので、子孫繁栄の縁起の良い葉として知られており、端午の節句に柏餅が用いられるという説もあります。
ちまきと柏餅
ちまきと柏餅
 

 
       
 ※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、またその他の歳時についてなど、
   気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。
   お問い合わせは、こちらまで。
 
 

葬礼

   
葬礼
葬儀の後、特定の日や年に故人を追悼供養する行事を行います。葬礼は、地域のしきたりや宗教・宗派によって異なりますが、浄土真宗のご法要の流れを下記にご紹介します。
越山甘清堂では、故人のご冥福を祈り偲ぶ集いの席にふさわしい引菓子や、ご仏前のお供え物など、さまざまな弔事のお菓子をご用意しています。なかでも、当店名物の「焼まんじゅう」は、お土産やお茶うけとしてでなく、仏事にも広く使われています。
 
<引き菓子>


<青白万頭> <焼まん>
  青白万頭 焼まん


<三笠> <上生と万頭詰合せ>
  三笠 上生と万頭詰合せ


<もなか> <みたま>
  もなか みたま
 
     
 
 
  ご法要  
  中陰
満中陰(四十九日)
一周忌
三回忌
七回忌
十三回忌
十七回忌
二十五回忌
三十三回忌
五十回忌
 
  (浄土真宗にて)  
     
 
   
※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、また、その他の歳時についてなど、気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせは、こちらまで。

賀寿の祝い

   
初老の祝・厄払い
厄年には、身をつつしむことをすすめる風習(厄払い)があります。
厄年にあたるのは、男性が数え25才・42才・61才、女性は数え19才・33才・37才。
なかでも、男性の数え42才、女性の数え33才は大厄といわれ、特に気をつけるものとされています(男女の大厄)。
 

 



厄払い
紅白の鏡餅、お酒などを神社に持参して、お祓いを受けます。厄払いを終えると、親戚や兄弟、友人を招き、厄が落ちたことをお祝いをします。その時に、お餅をもって帰ってもらいます。
 


  紅白の鏡餅 紅白餅
(箱入り)
還暦の祝(61才)
古希の祝(70才)
喜寿の祝(77才)
米寿の祝(88才)
卒寿の祝(90才)
白寿の祝(99才)
 

 

長寿を祝うお祝い。いまでは61歳の還暦から始まるのが一般的です。本来は数え年で行うものですが、満年齢でお祝いすることも広く見受けられています。日頃、お世話になっている祖父母、または、御両親が賀寿を迎えた時には、家族であたたかく祝ってあげましょう。記念の贈りものをしたり、ホームパーティを開いたり、好きなお菓子をみんなで食べるなど、お祝いの仕方は、さまざまです。越山甘清堂では、賀寿のお祝いにふさわしいお菓子を多数ご用意しています。

 

 
 
 



 五ツ戌


   
金沢では、こんな場面でも五色生菓子がお目見えします。
  建前(上棟式)…
家の「棟上げ」をする時に行う祝いの行事。工事関係者のほか、家族や親戚、ご近所の方などを招いて、工事完了までの無地を祈ります。上棟式が終了した後に行う酒宴に、五色生菓子や赤飯が並べられます。

五色生菓子
 
   
 
   
※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、また、その他の歳時についてなど、気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせは、こちらまで。

金澤 夏の歳時記

       

歳時記

夏

●百万石まつり(6月中旬)
加賀藩祖前田利家の金沢入城をイメージした百万石行列が最大の見ものとして知られている金沢の祭り。金沢では、初夏の風物行事として広く市民に親しまれており、祭りにちなんだ菓子「珠姫手まり」が売り出されます。

【珠姫手まりの説明】
うす紅色の上用饅頭に手まり麩を2個のせ、珠姫のかわいい姿を表しています。
 

 
  ●氷室(氷室の日・7月1日)
江戸時代から受け継がれる初夏の行事。7月1日は加賀藩が氷室に貯蔵していた氷を、幕府に献上していた日で、この日に麦饅頭を食べると、夏場を無病息災で過ごせるという習わしがあります。金沢では、この日になると多くの店頭に氷室饅頭が並びます。
越山甘清堂では、白・赤・緑の三色の酒万頭を氷室饅頭として販売し、地元の人々に好評いただいています。
氷室まんじゅう
氷室饅頭
 
夏のイラスト
 
●七夕の節句(7月7日)
5節句のひとつで、星を祭る年中行事。笹竹にさまざまな飾りや、願いごとを書いた短冊をつるし、庭先に飾ります。
 

 
●お中元
7月15日に、親戚・知人やお世話になっている人に半年間の感謝を込めて贈物をします。


○あかね葛

ぷるんとして、つるんとした食感と白金時豆の組み合わせをお楽しみいただけるおすすめの一品です。
 
  あかね葛 あかね葛  
  あかね葛  
 
 
  ●土用(7月中旬〜下旬)
暦のうえで、季節が夏から秋へ変わる時期を夏の土用といい、夏の暑気払いする習わしがあります。土用の牛の日には、食べると力ができるといわれる「ちから餅」を食します。
 
 
 
       
 ※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、またその他の歳時についてなど、
   気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。
   お問い合わせは、こちらまで。
 
 

こだわりの心

  こだわりの心
   
   私たちは、美味しい和菓子でたくさんの人に喜んでもらいたいと願い、地元の生活に密着した生菓子やお饅頭を作り続けてきました。
昔ながらの手作りの味を守り続ける一方で、金沢らしい地元の菓子を作り続けることにこだわりを持ち、最近では、新しい菓子の創作にも積極的に取り組んでいます。
 
         
  和菓子の命は〔餡〕   職人の心の証〔商品〕  
  和菓子の命は餡   焼きまん  
  原材料の小豆のほとんどが、北海道より直接仕入れて、加工しています。妥協を許さない餡に対してのこだわりが、どの商品にも伝わり、美味しい和菓子を作り出しているのでしょう。また、餡に対するこだわりが、創業110年の暖簾を守り続けてきた「力の源」であるといえましょう。   代表銘菓「焼まん」は、息の長い看板商品として、多くの人々の心に受け継がれてきたお菓子です。大判の酒饅頭、「焼まん」には、表面に金沢の名勝、名品の焼印が押されています。皮の柔らかさとこしのある酒種が放つ香りは、独特な酒種製法によって生まれ、菓子職人の頑固なまでのこだわりがそこに伝承されています。  
         

金澤 秋の歳時記

       
歳時記

秋
●重陽の節句(9月9日)
菊の節句。菊餅を供えて祝い、ここから秋が始まるといわれています。

道明寺を使って、菊の花を作っています。餡は一切使わず、餅全体で軽い甘味が楽しめる京風の菊餅です。(11月のみ限定発売)
菊餅
菊餅
 

 
  ●十五夜(9月中旬)
旧暦の8月15日を、十五夜(仲秋の名月)といい、1年で最も月が美しいとされています。この日に、中秋の風情を楽しむお月見が行われます。一般には、月見団子や神酒などを供え、秋草であるススキを飾って月を祭ります。
 
       
  月見団子 月とうさぎ  
  十五夜の月見団子 月とうさぎ  
イラスト
 
●お彼岸(9月23日)
秋分の日、またはその前後7日間に、先祖のお墓を参る行事。昔は、もち米を供えていたそうですが、今では、もち米を加工したおはぎをお供えするのが一般的です。
 

 
●七五三(11月)
男の子は3才と5才、女の子は3才と7才となる年に、氏神に参詣させる行事。千歳飴で子供の成長を祝います。千歳飴は、長生きできるようにとの願いを込めて、細長い形に作られたものです。
 
 
 
       
 ※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、またその他の歳時についてなど、
   気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。
   お問い合わせは、こちらまで。
 
 

越山甘清堂の歩み

 
     
 
歩み イラスト

理念

 

 
 
     

当時

大正二年 作業場風景

現在の本店

現在の本店

     
 明治21年、越山弥八が金沢市安江町にて創業。戦前は、主に甘納豆の製造、販売を行っていました。戦後は、時代の変化と共に新しい取り組みも手掛けてきましたが、飾らない風情は、今も昔のまま受けつがれています。なかでも、大判の酒饅頭「焼まん」は、百年以上経つのれんの看板商品として、人々に長く親し まれてきました。    また、佳き日の五色生菓子や式菓子をはじめ、季節を表現した期間限定の彩菓など、さまざまな商品を作り出しています。
現社長、徳山康彦は六代目、現在は、金沢市に6店舗とサテライト店1店舗の7店舗を構えています。
※詳しくは、お店案内をご覧下さい。
     
理念
和菓子を通して人に幸せの味を伝えたい。
 

金澤 冬の歳時記

       
金沢の歳時    
 
 
冬 ●お歳暮
一年の感謝を込めて、お世話になった人へ御礼を贈ります。
 
 
 
  ●餅つき
行く歳、来る歳への思いを餅につき込みます。金沢では、紅白の鏡餅が飾られるのが一般的です。また、お正月には、家族で豆入りのおもちを焼いて食べます。
紅白もち  
    紅白の鏡餅と豆餅  
 
 
イラスト ●正月の節句
金沢ならではの祝い菓子、福梅で新年を祝います。福梅は、前田家の家紋である剣梅鉢を型どった紅白の最中で、金沢の伝統菓子として知られています。
福梅
福梅
 
 
 
  ●節分(2月3日)
立春に鬼打豆と称して炒った大豆をまき、家内の無病を祝います。
       
※ここでご紹介した歳時のしきたりやお菓子、また、その他の歳時についてなど、気になることがあれば気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせは、こちらまで。  
 

配送料金

配送は「ヤマト運輸の宅配便」を利用しています。送料は、下記の表を参照ください。なお、送料は別途請求となり、お客様にご負担願います。

 

地域 送料
北海道 北海道 1,296円
北東北 青森・岩手・秋田
972円
南東北 山形・宮城・福島 864円
北陸 富山・石川・福井
756円
信越 新潟・長野 756
関東 栃木・茨城・群馬・千葉・埼玉・東京・神奈川・山梨 756
中部 静岡・愛知・三重・岐阜 756
関西 京都・大阪・滋賀・奈良・和歌山・兵庫 756
中国 岡山・広島・鳥取・島根・山口
864
四国 香川・徳島・高知・愛媛 972
九州 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 972
沖縄 沖縄 1,404円

クール代金:プラス220円
代引手数料:324円
お餅   :プラス310円

商品の発送には、万全を期しておりますが、万一お届け商品がお申し込み商品と異なった場合や、破損などお気づきの点があった場合は、すぐにご連絡下さい。すみやかにお取り替えいたします。ただし、お客様のご都合による返品は承りかねますので、ご了承下さい。
お問い合わせ
TEL076-221-0336
(受付時間午前9時〜午後5時) 
 
   
 
越山甘清堂の「まごころの味」を全国各地にお届けします。
電話、又はFAXでご注文される方はこの手引きをご覧下さい。

 
[1]お好みの商品を選びます。
[2]注文の連絡を電話、またはFAXで入れます。
お電話の場合
TEL076-221-0336

(電話の場合は、午前9時〜午後5時までの間にご連絡下さい。水曜日は、定休日となります。)

[FAXの場合
FAX076-221-0431

(FAXの場合は、24時間受付けます。定休日・水曜日に送信された場合は、翌日の受付となります。)

ご注文の電話の際には、ご希望の商品番号(名)・数量・お客様のお名前・住所・電話番号を明確にお伝え下さい。また、贈答として購入される場合は、お届け先のお名前・住所・電話番号・のしの有無などもお知らせ下さい。
※複数商品のご注文も可能です。
用紙にお客様のお名前・住所・電話番号、ご希望の商品番号(名)・数量を明記して下さい。また、贈答として購入される場合は、お届け先のお名前・住所・電話番号・のしの有無などもお知らせ下さい。
※複数商品のご注文も可能です。
[3]ご注文の電話の際に、弊社からお買い上げ総額(商品代金、送料、手数料)をお知らせします。また、到着希望日時やお支払い方法なども併せてお伺いします。
※毎週水曜日は、定休日となっていますので、ご注意下さい。
[3]お客様のFAXが届き次第、弊社からご確認のFAXを差し上げます(お客様からのFAX受信日より、2日以内の送信予定)。その際には、ご注文の商品、数量、お買い上げ総額(商品代金、送料、手数料)などをお知らせします。
万が一、確認事項に誤りがあった場合は、弊社からのFAX受信日より2日以内に、FAXにてご連絡下さい。
※毎週水曜日は、定休日となっていますので、その日のFAXの応対は木曜日に致しますので、ご了承下さい。
[4]注文完了
[5]数日後(約5日以内の予定)、商品が届きます。

 
お支払い方法は、郵便振替、又は代金引換、又はクレジットカードのどちらかでご利用願います。
●郵便振替の場合…ご注文商品と一緒に振込用紙をお送りしますので、そちらにてお振り込み願います。お申込者の住所以外に商品をお届けする(贈答としての利用)場合は、振込用紙のみをお申込者に郵送します。なお、振込手数料は、お客様にてご負担願いますので、ご了解下さい。

●代金引換の場合…商品の配達時に、配送員に代金をお支払い下さい(宅配業者=ヤマト運輸)。代金引換は、お申込者とお届け先が異なる場合は、ご利用になれません。また、代引手数料は、お客様にてご負担願いますので、ご了解下さい。

●クレジットカードの場合…詳しくはこちらをご覧下さい。

※いずれの(お支払い方法)場合も、ご注文後、弊社からお支払総額(商品代金、送料、手数料)をお知らせする連絡(電話、FAX、メール)を差し上げます。商品の発送は、確認の連絡の後に行います。

 
配送は「ヤマト運輸の宅配便」を利用しています。送料は、下記の表を参照ください。なお、送料は別途請求となり、お客様にご負担願います。
 
沖縄
九州・四国
中国
関西・関東
信越・中部
北陸
東北
北海道




沖縄 県
大分 県、宮崎 県
長崎 県、福岡 県
鹿児島県、佐賀 県
熊本 県、愛媛 県
香川 県、高知 県
徳島 県     

山口 県
島根 県
鳥取 県
広島 県
岡山 県
兵庫 県、京都 府
大阪 府、滋賀 県
奈良 県、和歌山県
東京 都、群馬 県
千葉 県、埼玉 県
栃木 県、茨城 県
長野 県、神奈川県
山梨 県、新潟 県
三重 県、岐阜 県
愛知 県、静岡 県
福井 県
石川 県
富山 県
山形 県
宮崎 県
福島 県
秋田 県
岩手 県
青森 県
北海道


1,270円
850円
750円
750円
650円
750円
850円
1,160円

 
商品の発送には、万全を期しておりますが、万一お届け商品がお申し込み商品と異なった場合や、破損などお気づきの点があった場合は、すぐにご連絡下さい。すみやかにお取り替えいたします。ただし、お客様のご都合による返品は承りかねますので、ご了承下さい。
お問い合わせ
TEL076-221-0336(受付時間午前9時〜午後5時)